初心者でもワードプレスでアフィリエイトサイトを運営できる!

サイトマップ作成後の注意点

掲載ページを削除した場合の処理

サイトマップを作成後に新しいページを作った場合には、自動的にサイトマップに掲載されるのですが、その逆の場合には注意が必要になります。つまり、サイトマップ作成後にサイトマップに掲載されているページを削除した場合、そのままではサイトマップに削除したページが掲載され続けてしまうのです。

illust4194thumbこのようなことは当然考えられることですよね。その場合には、サイトマップの編集画面を開いて、右側にある更新ボタンを押してください。そうすれば、サイトマップのデータが更新され、削除したページのタイトルがサイトマップから削除されます。

処理はたったこれだけです。ただ忘れてしまうとずっとサイトマップに削除されたページのタイトルが残ってしまうことになるので注意してください。

処理手順

ここでは、例として「テストページ」を削除してみました。以下の通りテストページを削除(ゴミ箱へ移動)後にサイトマップを表示してもまだ削除したはずのテストページは残ってしまっています。

そしてテストページをクリックしてみると「ページが見つかりません」と表示されてしまいます。このようなことにならないための処理手順を解説します。

操作画面操作手順詳細
サイトマップにこれから削除する「テストページ」があることを確認します。
「テストページ」をクリックし、それから編集画面へ進み、画面右側の「ゴミ箱へ移動」をクリックしてページを削除します。
サイトマップをもう一度表示してみます。すると削除したはずの「テストページ」が表示されたままになっています。

試しに「テストページ」をクリックしてみます。
すると「ページが見つかりません」と表示されます。ページ自体は削除されていることがわかります。

ただサイトマップに削除したページのタイトルが残っているのは困ります。
そこでサイトマップの編集画面を開きます。
画面右側にある「更新」ボタンを押します。(これでサイトマップのデータは更新され最新の状態になりました。)

確認のため「変更をプレビュー」ボタンを押して確認してみましょう。


「テストページ」が消えているのが確認できます。

これでサイトマップ作成後にページを削除した場合の処理は完了です。
Copyright © ワードプレスでアフィリエイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.